こんばんは、酔(すい)です。

新宿の2軒目をどこにしようということになりまして、思い出横丁を下り、お目当ての「カブト」に行きましたが、GWは残念ながらお休み。

ということで、どうしようということになり、西新宿居酒屋ゾーンにいくことに。タカマル鮮魚店を過ぎて、「おおの屋」の近くにあるこちらの、「丸鶏 るいすけ」に訪問。

2014-05-06-17-25-37

17時30分くらいの入店時に、19時30分に次のお客さんが入っており、それでも大丈夫ですか?と聞かれたので、え!そんなに人気のお店なの?と思った訳です。人気の秘密はどこですかねと、早速メニューを見てみましょう。

和風モダンで若干古民家風という、デートにも使えそうなお店ですが、飲み物の値段は、雰囲気対比で安めの設定。ぐるなびで黒霧島1杯190円クーポンがあり、これで呑むと、なかなか安く呑めると思います。

反面、料理のほうは、700円台もあり、そこそこの値段はしますね。

2014-05-06-17-33-362014-05-06-17-44-352014-05-06-17-44-42

2014-05-06-17-44-492014-05-06-17-44-592014-05-06-17-45-05

2014-05-06-17-45-122014-05-06-17-45-172014-05-06-18-07-30


1品目は、とろーりチーズの卵焼き。卵にはコダワリがあるようで、奥久慈玉子という地鶏の玉子を使っていると書いてあります。640円で意外とボリューミーですね。ただ、玉子の中にチーズが入っているのですが、ちょと薄味。濃いめが好きな私に取っては、旨味がガツンとくるのかなと思ったのですが、予想以上に淡白な味でした。

2014-05-06-17-51-57

そして、名物丸鶏の素揚げ(980円)。揚げるときにフライアーにじゃぼんと入れるのですが、その時の音が、ボコボコボコっといい音がします。

出来上がりは切って提供されるので、カウンターだったら丸焼きの状態がみれるのでいいですが、テーブル席の人は、ちょっと丸ごと感はないかもしれません。

そりゃー、鶏を丸ごと揚げたら美味しいですよね。しゃぶりつきでいただきます。そして、ビールにあいますよねー。ちなみに、ビールはプレモル(550円)です。

2014-05-06-17-52-53

最後の一品という雰囲気になりまして砂肝とこころのかご焼き(600円)。こころってのは、ハツってことですかね。ここのお店、大きめのコの字カウンターなのですが、そのコの字の真ん中に焼き台があります。そこで、この砂肝をカゴで焼いてくれるんですが、油が多いのか、結構ファイヤーになります。モクモクと上がる煙って、いい酒のツマミになるなーと思うのは私だけですかね。熱帯魚をみると癒されますが、私は、焼き台の煙をみると心が癒されます(笑)。

2014-05-06-17-56-17
 

最後に、お会計をしたところ、サービスの鶏スープをいただきました。実は、このスープが全体のメニューの中で一番美味しいんじゃないかと。好みにもよると思いますが、私はこのスープ好きですね。麺やご飯を入れて、雑炊にしたいくらい。

2014-05-06-18-23-49
 
店内は活気に溢れる、いわゆる元気系の接客です。内装がおしゃれで、店員さんが若いので、客層も、男女のカップルや女性グループも多かったです。あと、ぐるなびで見てみると、2時間30分の飲み放題付き3500円のCP抜群のコースがあり、予約が沢山入っているのも、このコースなんではないかと勝手に推測します。

ということで、そろそろお会計ですね。2人で、4680円でした。 
今日はこの辺で。ごちそうさまでした! 

 

丸鶏 るいすけ居酒屋 / 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5