こんばんは、酔(すい)です。

前回の梓川の続きだ。さて、前回、宣言した通り、半額セールからいただこうか。

前回の記事はこちら「赤坂のおやじ酒場 季節料理 梓川 〜前編〜(赤坂)


2016-01-25-20-50-14
 
サッポロ黒ラベル 550円
おっと、その前に、恒例のビールをいただく。仕事帰りは、迷わずビールだ。糖質なんてくそくらえ!痛風なんてバカヤロウ!俺は、この一杯のために生きている。

BlogPaint

お通し500円。牡蠣とサラダ。お通しの値段は、後日計算をしてわかったのだが、若干高め。これで300円くらいだったら、抜群なのにな。

さて、どんどん食べましょう。

2016-01-25-20-59-15
 
これが驚愕の刺身5点盛り。なんと600円。通常価格の1200円では、ちょっと高いけど、これで600円だったら、凄く安い。そして、普通に美味しい。特にシメサバの油ののりかたが、ハンパなかった。シメサバ食べているのに、油が多いから、酢をあまり感じないほど。

2016-01-25-21-04-03
 
マグロあら煮、通常500円→250円。これまた、このボリュームで250円とは、破格。濃いめの味付けは酒に合う。

2016-01-25-20-58-41
 
あん肝 通常790円→390円。これまた、美味しいあん肝で、それでいて、390円は、口元が緩む。

2016-01-25-22-47-18
 
マグロのネギトロ 通常580円→290円。ボリューム多し。当然、のりを巻いて、醤油を垂らして食べれば、日本酒との相性抜群。

2016-01-25-22-47-34

いかの塩辛 通常380円→190円。

2016-01-25-21-28-57
 
日本酒も飲み始める。
川鶴、黒龍、仙禽、而今など、気がつけば結構飲んだ気がする。そりゃ、こんなつまみと、日本酒飲んだら幸せになるよね。

酔っ払うと、半額とかどうでもよくなってくるのは、悪いところ。メニューから好きなものを選び始める。

2016-01-25-22-26-26

これなんだっけな?

2016-01-25-22-29-15

こっちもなんだか忘れてしまった?

とういことで、赤坂という大都会に、ひっそり潜むおやじの隠れ家。美味しい魚をつまみに、日本酒や焼酎を飲みたい人には、とてもいい店だと思う。半額を狙っていけば、大体、ひとり4〜5000円くらいで飲み食いできると思う。消費税は外税なので、ご注意を。

ということで、ごちそうさまでした!またきます!

梓川割烹・小料理 / 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8